マスクを捨てるタイミング

冬から春にかけてはマスクを着用する人がグンと増えます。冬には風邪が流行しますし、その他にも「インフルエンザ」や「ノロウイルス」など、恐ろしいウイルスに感染しないよう身を守らなければなりません。

春になれば風邪も少しは落ち着いてきますが、今度は花粉症の出番です。花粉症を予防・改善・軽減させたいのであればマスクは必需品です。

マスクにもいろいろと種類がありますが、多くの人は「使い捨てマスク」を愛用しているのではないでしょうか。

サっと取り出せてポイっと捨てられる。手間がかからず、非常に便利です。さて、そこで気になるのが「使い捨てマスクを捨てるタイミング」になります。

1日を目安に捨てればいいのか、1回を目安に捨てればいいのか、悩みますよね。

調べてみるとほとんどの人が「1回使ったら捨てる」というスタイルでした。使い捨てマスクを何回も、もしくは何日も使い続けるのは衛生的によくありません。

また裏表がわかりづらいため、1度外したマスクを裏表間違えて着用してしまう、という失敗も少なくありませんでした。

そのため使い捨てマスクは「1回使ったら捨てる」にした方が無難でしょう。もったいないと感じるのであれば安売りを狙うのもひとつの手ですね。